ボディメイク用サプリメント

強力な減量サプリと名高いリポドリンハードコアのリアルな感想

From:リゾナイズ(@reasofit)

今回は誰もが気になる「減量サプリメント」のお話。

巷で評判の減量サプリメントは本当に脂肪を楽に落としてくれるのか。

食事と筋トレだけで減量をしてきた人間のリアルな感想を述べたいと思います。

率直な感想

先に結論を申し上げます。

減量サプリメントは必要ない

何故ならば、想像よりも脂肪が減らないから。これに尽きます。

私が摂取したサプリメント

では、私はどんな減量サプリメントを摂取したのか。それは

Hi Tech Pharmaceuticals社
「リポドリンハードコア(Lipodrene HARDCORE)」

という製品です。

Hi Tech Pharmaceuticals社といえば本格的なボディメイク実践者向けの製品を送り出しているメーカーです。ラインナップはサプリメンのみならず、いわゆる「薬物」にカテゴライズされるような製品まであります。

それこそハードなボディメイク実践者であるボディビルダー向けの製品をリリースしているのです。ボディビルダー向けではありますが「ドーピング禁止」の大会には使用できない製品もあります。Hi Tech Pharmaceuticals社とはそんな危険な香りが漂う「ハードコア」なメーカーと言えるでしょう。

そんなHi Tech Pharmaceuticals社が減量サプリとして出しているのが「リポドリン」シリーズです。その中でも最も強力と言われているのがこの「リポドリンハードコア」。

「リポドリンエクストリーム」という製品もあり、「リポドリンハードコア」よりも強力との触れ込みもありますが、「リポドリンハードコア」とはアプローチが違うと考えたほうが良いでしょう。

私は、減量サプリを使うつもりは全く無かったのですが、試してみないとことには何も語れないので購入してみた次第です。

リゾナイズ
リゾナイズ
「リポドリンハードコア」の商品ページやレビューを見ると、かなり減量を楽にしてくれるイメージが湧くでしょう。
リゾナイズ
リゾナイズ
しかし、記載されているほど減量の助けにならないというのが私の結論。
リゾナイズ
リゾナイズ
「リポドリンハードコア」で減量促進の体感が得られなければ、恐らく数多ある他の減量サプリメントを使用しても期待外れに終わるでしょう。
リゾナイズ
リゾナイズ
よって、いわゆる「ダイエットサプリ」は余程お金に余裕が無い限り買わないほうが賢明です。

減量ペース

減量ペースに殆ど差を感じませんでした。つまり、摂取しても減量が早まることはほぼ無いと見て良いと思います。

カロリーを増やせばキッチリ脂肪が増えましたし、しっかり管理した減量メニューにすれば素直に脂肪が落ちていくといった感じ。

これは増やしたカロリーは「リポドリンハードコア」で帳消しにならないということを意味します。

摂取量と症状

・起床後半錠
・トレーニング30分前半錠または1錠

私の場合、悪寒やダルさが出てきてトレーニングに集中できなくなるので、上記の量に落ち着きました。

因みに基本的な摂取量は起床後1~2錠、昼食後またはトレーニング前に1錠です。

錠剤は柔らかいので普通のハサミで切ることができます。

人によっては身体に深刻な事態を招くので、摂取量は慎重に見極める必要があります。

危険性

摂取量を慎重に見極める必要がある理由。

それは「エフェドラ」「ヨヒンビン(ヨヒンベ)」「カフェイン」が入っているからです。

「エフェドラ」と「ヨヒンビン(ヨヒンベ)」は死亡例もある危険な物質です。

「カフェイン」は科学的に筋肥大や脂肪燃焼を大いに期待できるものですが、これもやはり過剰摂取は死を招きます。「リポドリンハードコア」を使用するなら他でカフェインを摂っていないか十分に注意を払う必要があります。

私は以前、頻繁にコーヒーを飲んでいましたが「リポドリンハードコア」の摂取を期に「純ココアパウダー」に変えました。仮に「リポドリンハードコア」を使い切っても「純ココアパウダー」を摂るつもりです。

私が摂っているココアパウダーはNICHIGA(ニチガ)です。

ココアパウダー1.5g(スプーン0.5杯)~3g(スプーン1杯)をシェイカーや空のペットボトルに入れて、そこに1リットルの水を加えます。軽くシェイクするとそれなりに混ざります。

味はほんのりココアといった感じ。物足りない人は水を減らすかココアパウダーの量を増やしましょう。ノンフレーバーのプロテインの風味付けにも良いです。

ココアパウダーを量るのが面倒な人はディスペンサーをお薦めします。私は「コーヒーメイト」という商品を使っています。スプーン0.5杯~スプーン1杯分まで出す量を調整できるのが特徴です。

山佳化成「ワンタッチ シュガーポット」も持っていますが、出てくる量は「コーヒーメイト」のように変更できず、常にスプーン1杯分です。

このサプリメントが必要な人

このサプリメントが必要な場合を考えてみました。

お尻までストリエーションが走るレベルを目指している

ストリエーションが走るとは、筋繊維の束が体表面からも目視できる状態のこと。皮下脂肪を極限まで減らすと細かい筋が浮き出てくるのです。

お尻は最も脂肪が残ると言われているので、この部位にストリエーションを出すのはかなり難しいです。

お尻以外はかなりドライな状態という段階なら恐らく減量における全てのカードを切っていることでしょう。食事管理、筋トレ、有酸素運動という風に。

そこまでやってなおかつ、お尻に明確なストリエーションを刻みたいというレベルの人が「リポドリンハードコア」を使用するのが妥当なのです。

ですから、食事もデタラメ、運動もろくにしないという人が、楽して痩せたいために使うサプリメントではありません。

「リポドリンハードコア」で、もし体重が落ちたとしても、体型は決して良くなりません。だって、食事もいい加減で筋肉も鍛えていないのですから。

リゾナイズ
リゾナイズ
低体重とスタイルの良さは比例しません。また、スリムさとスタイルの良さも比例しません。
リゾナイズ
リゾナイズ
だからまずは計画的な食事と筋トレをするべきなのです。

高須幹弥
とにかく細ければ細いほど良いという風にメディアに洗脳されている人が多い 。

減量の基本おさらい

他の記事で書いていますが、今一度、減量の基本をおさらいしておきましょう。効率的に減量するための優先順位は下記のとおりです。

効率的に減量するための優先順位

1.《摂取》カロリー(大抵の人が食事管理でかなり脂肪が減らせる)
2.PFCバランス(P:タンパク質/F:脂質/C:炭水化物)
3.無酸素運動(筋トレ 筋量維持=スタイル維持)
↑ここまでで多くの人がバキバキに絞れたレベルまで行ける

更に絞り切るための手段

4.有酸素運動(若干の脂肪燃焼)
5.サプリメント(薄皮一枚レベルまで仕上げる)
↑コンテストで確実に勝ちたい場合

こんな感じです。減量はとにかく食事が大切ということを覚えておいてください。

腹筋を割る正しいアプローチ
【意外に多い食事量】腹筋を割る正しいアプローチ食事編・三大栄養素摂取量【腹筋を割るシリーズ3】前回は「なぜ腹筋が割れなかったのか」というお話でした。今回は腹筋を割る正しいアプローチである減量について。減量を成功させるカギは三大栄養素の摂取量にあります。では三大栄養素の具体的な摂取量はどれくらいなのか。そんな疑問に答えます。...
健康的な食事
【1日1回は非現実的】3回?6回?それ以上?ボディメイクに最適な食事回数今回は「食事回数」のお話です。「本格的に筋肉を増やしたい」「効率的にダイエットしたい」でも1日何回食事を摂れば良いか迷ってしまう。そんな人の疑問に答えます。この記事であなたの適切な食事回数を見つけてください。...
減量の停滞を打破する「ダイエット休み」8つの解説
減量の停滞を打破する「ダイエット休み」8つの解説今回は「ダイエットの停滞打破」についてのお話です。減量食で順調に脂肪が減ってきた。でも最近は停滞しているように感じる。そんな人に試してもらいたいのが「ダイエット休み」。「ダイエット休み」を入れるかどうかの判断基準も書いていますので参考にしてください。...

ABOUT ME
リゾナイズ
50代チビ男がカッコいいオヤジになるために必要なことを提案していきます。50代の低身長男にはどんな筋トレが向いているのか。50代男が気を付けるべき身だしなみとは何か。若者とは違う実践法や選ぶべきアイテムを共有できればと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!