食事プラン

肉や魚に含まれるタンパク質量の簡単な覚え方

From:リゾナイズ(@reasofit)

今回は食材に含まれるタンパク質の量を簡単に覚える方法です。

1日に必要なタンパク質の摂取量はわかったけど、実際にどんな食材をどれだけ摂れば良いかイマイチわからない。

そんなあなにピッタリの記事です。

タンパク質含有量は肉と魚でほぼ同じ

実は肉や魚に含まれるタンパク質量はそんなに変わりません。

まずこれを覚えて下さい。

100g中20g前後

次にタンパク質の量について。これも簡単です。

100gの中に20g前後のタンパク質が含まれています。

例えば「鶏胸肉(皮なし)」や「マグロ」のタンパク質量は約22g。

「イカ」は若干少なめで約18g。それでも3g程度の差しかありません。

全卵1個は約7g卵白は約3.5g

次に卵です。サイズにもよりますが、大体全卵で7gのタンパク質が摂れます。

卵白だけだと約3.5g。つまり卵黄にもほぼ同量のタンパク質が含まれているということです。

因みに卵黄に含まれる脂質は7g強。全卵でタンパク質を摂ると脂質まで増えてしまうので注意が必要です。

スパゲッティも優秀なタンパク質源

スパゲッティ100gに含まれるタンパク質はなんと約13g。優秀なタンパク質源であり脂質も非常に少ないです。炭水化物も摂れます。

ごはん100g中のタンパク質はわずか2.5g。

100gはコンビニのおにぎり1個分です。スパゲッティにはコンビニのおにぎりの5倍以上ものタンパク質が含まれているのです。

ABOUT ME
リゾナイズ
50代チビ男がカッコいいオヤジになるために必要なことを提案していきます。50代の低身長男にはどんな筋トレが向いているのか。50代男が気を付けるべき身だしなみとは何か。若者とは違う実践法や選ぶべきアイテムを共有できればと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!