かっこいい50代男性になるためのポイント

かっこいい50代男性になるための5つのポイント

From:リゾナイズ(@reasofit)

今回はかっこいい50代男性になるためのお話です。

かっこいい50代オヤジになるために何が必要なのか。私なりの視点で解説します。

かっこいい50代男性になるための5つのポイント

ではまず、かっこいい50代男性になるための5つのポイントを列挙します。

かっこいい50代男性になるための5つのポイント

1.己の現実を知る
2.やり過ぎなくらい清潔感を保つ
3.健康に気を配る
4.体型改善をする
5.服装を改善する

以下、5つのポイントをひとつずつ説明していきます。

1.己の現実を知る

これは意外に見落とされがちなポイントです。何故なら「自己評価が高い」からです。「自己評価が高い」原因は「積み重ねてきたキャリア」があるからではないでしょうか。

「積み重ねてきたキャリア」があるとつい外見を軽視しがちです。

見た目は冴えないけどあの人は仕事ができる。それが逆にかっこいい。つまりギャップの魅力というわけです。

そんな評価も確かにあるでしょう。あなたは職場で実際に、男性の部下や年配の事務員女性から高い評価を得ているかも知れません。ドラマや漫画でもよくありますよね。

しかし、見た目が冴えないというのはギャップにはなりにくいのです。何故なら、そのギャップは毎日のように顔を合わせるような限られた状況でしか生まれないから。

このブログで目指しているのは初対面でもかっこいいと思ってもらえるオヤジ像です。ふと入ったカフェの女性店員に好印象を持ってもらえる外見です。

しかし、現実は残酷で、ほぼ全ての50代男性は「ダサい」と評価されてしまいます。この「ダサいという現実」をまず認めることから始めましょう。

2.やり過ぎなくらい清潔感を保つ

50代男性に知っていただきたいのは「実際の清潔さと清潔感は別」ということ。

これは非常に重要なポイントです。

50代の男性の場合、毎日ちゃんとお風呂に入っているだけでは「清潔感」は保てません。下手すれば、30代後半から「清潔感」が保てなくなります。

理由はズバリ「ニオイが出るから」。

もうおわかりでしょうが早い人なら30代後半から「加齢臭」が出ます。

自分のニオイというは自覚し辛いもの。知らないうちに「加齢臭」が出て清潔感を激減させることにもなりかねません。

よって、ある程度年齢を重ねたら「加齢臭対策」というのは必須になってきます。

「加齢臭対策」の方法は2つあります。

「加齢臭対策」の方法

1.体の中から防ぐ

2.体の外から防ぐ

「1.体の中から防ぐ」というのは、主にサプリメントや食事のことです。

「2.体の外から防ぐ」というのは、主にデオドラント製品や洗濯方法のことです。

3.健康に気を配る

一口に「健康」になるためのアプローチと言っても様々。

例えば「食事に気を使う」のもアプローチのひとつですし、「筋トレをする」のもアプローチのひとつです。

50代ともなると、もういいやと開き直る人もいるでしょう。開き直って好きなものを好きなだけ食べたり、運動もせずダラダラ過ごしたり。

しかし、それではかっこいいオヤジにはなれません。

「健康」を大きく左右するのは「食生活」。

「食生活」は「体臭」にも影響しますし、当然「体型」にも関わってきます。

「健康」を考えるというのは「食生活」を考えるということ。「食生活」を考えると「体臭」や「体型」にも良い結果をもたらす。

故に非常に重要なのです。

4.体型改善をする

かっこいい50代を目指す男性にとって「最もインパクトが強い」のはこの「4.体型改善をする」項目です。

その理由はおわかりでしょう。

「かっこい体型の男性そのものが非常に少ない」からに他なりません。

この項目は当ブログのメインテーマ。

当ブログで言う「かっこい体型」とは、「適切な筋トレをすることで得られる体型」のことです。

「長身で手足が長い」「顔が小さい」といった、生まれ持った素質を指しているわけではありません。

逆に言えば、「長身で手足が長い」「顔が小さい」ことにあぐらをかいて、体型に対する努力を怠り、「かっこ悪い体型」に成り下がっている人は少なくないのです。

大切なのは「短所をできるだけ目立たなくして、長所をできるだけ伸ばす」こと。

「かっこい体型の男性そのものが非常に少ない」と書きましたが、これは若い男性も当然含まれます。

50代男性であるあなたがもし、「己の自己ベストを目指し」「かっこい体型」になれたら、「若い男性よりも優位」に立てます。

若い男性は肌が綺麗なだけで、「ヒョロかデブ」しかいません。そんな男性が50代になれば肌質も悪くなり「単なるダサいオヤジ」になるだけ。

決して勝ち負けではありませんが、50代男性のあなたがもし「かっこい体型」を獲得したら、それこそ「強烈なギャップ」になります。

「適切な筋トレ」で得られるのは「かっこいい体型」だけではありません。実は「肌質」にも影響します。

「成長ホルモン」は別名「若返りホルモン」と言います。「成長ホルモン=若返りホルモン」は肌質改善を大いに期待できます。

だから私は「適切な筋トレ」を強く薦めているのです。

「若い男性よりも優位」に立っているお手本のような人をご紹介します。

それは「yoshi」さんという人。

ボディーコーディネーターyoshi
筋トレが人生を豊かにする実例②|yoshi(村松義朗)さん身体を変えたい、肉体改造したい、腹筋を割りたい。男性なら一度は思ったことがあるでしょう。 しかし、カッコイイ身体を手に入れている人は一握り。これは何故でしょう。 ズバリ、正しい知識が無いからです。 逆に言えば正しい知識があれば誰でもカッコイイ体になれるのです。その正しい知識をyoshiさんは教えてくれます。...

5.服装を改善する

「4.体型改善をする」から一段下がるものの、これも大切です。

人によってはこの項目を重要度の上位にもってくる場合もあるでしょうが、当ブログでは重要度は「4.体型改善をする」よりも低めにしました。

「かっこいい体型」になれば、似合う服が変わります。当ブログでは「かっこいい体型」を前提に話がしたいので、どうしても服装の話は後回しにならざるを得ません。

ただ、ここで注意したいのは「若作りは厳禁」ということです。

「若い男性よりも優位」に立てたからといって、歳不相応の服を着れば途端に「男性の格」は下がります。

これは何も「高級な服を着ろ」ということではありません。選択眼を磨くこと。これが服装改善に最も重要です。

以上、かっこいい50代男性になるための5つのポイントを解説しました。

今後は項目ごとに個別記事を投稿していきます。例えば清潔感を保つには何をするのがベストか具体的なお話です。

ABOUT ME
リゾナイズ
50代チビ男がカッコいいオヤジになるために必要なことを提案していきます。50代の低身長男にはどんな筋トレが向いているのか。50代男が気を付けるべき身だしなみとは何か。若者とは違う実践法や選ぶべきアイテムを共有できればと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!